ログイン 
閉じる
NPO法人農楽(のら)マッチ勉強会
 
農楽マッチ勉強会は農業や食に関心の高い方向けに各種セミナーやイベントを開催しております。どなた様でも、お気軽ご参加下さい。
 

ログイン

カウンタ

COUNTER689211

グループスペース(正会員限定)

ログインIDとパスワードを入力すると会員限定のメニューが表示されます。
 

オンライン状況

オンラインユーザー31人
ログインユーザー0人

第79回 梅田定期セミナー 

平成31年大阪市NPO/市民活動助成事業

第79回農楽マッチ勉強
8/18
(日)13:30~16:30


□■□■□■□■ タイムテーブル ■□■□■□■□

1.特別講演(60分)新免将

2.休憩(5分)

3.特別講演(60分)上水広志

4.参加者交流 ~フリータイム・名刺交換など(40分)

※終了後、講師を囲んで懇親会がございます。実費割り勘

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 

【会場】大阪市総合生涯学習センター 第2研修室

大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル6

 

【参加費】助成価格 500円  


【定員】40名

第76回講師紹介

新免 将氏
~楽農や~ 農業生産法人(株) Teams 代表取締役、NPO法人R.M.C 理事、(株)巴建設 代表取締役
兵庫豊岡市で野菜の生産から販売を行っておられます。6年間に兵庫県立大学でMBAを取得し、農業をビジネスととらえ、ソーシャルビジネスと地域活性化について理論のみならず実践している若き経営者です。Teamsの掲げる農業の3Kは「かっこいい」「稼げる」「感動する」であり、その実現の取り組みや、今後の農業界についてお話頂きます。

上水広志氏
上水農園代表、FB農業者倶楽部創設者
宮崎県北諸県郡(きたもろかたぐん)で、霧島酒造向け芋などの栽培を行っておられます。また、FB農業者倶楽部創設者として農家の間では著名です。Facebookページ「FB農業者倶楽部」は農家や農業に係る方々が8000余名の参加者し、日々濃い内容の情報交換が行われています。この度、そのメンバーを中心に、ビジネスも含めリアルな関係を進展させるために、一般社団法人JBFN (Japan Farmers Business Network)を立ち上げられました。そこに至る想いや、SNSの可能性を語って頂きます。
フェイスブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/670005250128581/

チラシ

第79回チラシ2.doc
 

第4回 東京農楽マッチ勉強会

第4回東京農楽マッチ勉強会
9月7日(土)13:30~16:30


***タイムテーブル***
1.開催あいさつ(5分)
2.ミニセミナー(30分)(株)セラク 持田宏平氏
3.休憩(5分)
4.特別講演(90分)中村克之氏
5.参加者交流 フリータイム・名刺交換など(40分)
※終了後、講師を囲んで食事鯉流会を開催します。実費割り勘

会場】マイナビセミナールーム〒103-0006 東京都中央区日本橋富沢町7-1 ザ・パークレックス人形町6F 東京メトロ日比谷線・都営浅草線「人形町駅」徒歩4分【参加費】セミナー2000円 (当日会場でお支払いください) 定員40名

第4回講師紹介

ミニセミナー

「今、なぜスマート農業に取り組まなければならないのか」持田 宏平氏

(株式会社セラク みどりクラウド事業部・データサイエンス事業部 事業部長、一般社団法人日本農業情報システム協会 理事)

1979年島根県出雲市生まれ。2004年に島根大学大学院生物資源科学研究科修了後、株式会社セラクに入社。SEとして開発業務を行うかたわら、スマートフォン アプリやIoTサービスの研究開発を行う。2010年に天ぷら侍、2011年にスマート 洗面台、2013年にスマート野菜工場を発表し国内外から注目される。2014年から 農業IoTの研究に着手、2015年に「みどりクラウド」としてサービスを展開。 20194月より一般社団法人日本農業法システム協会理事。 今、なぜスマート農業に取り組まなければならないのか、また、スマート農業を 導入することによって得られた効果などを紹介いたします。

 

特別講演

「地域資源と連携した都市農業の広がり」中村克之氏

(国分寺中村農園/(株)ナヴィラ代表取締役 JA東京青壮年組織協議会理事)商社系IT企業に18年勤務し、SE、事業企画、営業、経営企画等を経験。サラリーマン時代に農家の一人娘と結婚し、家業を継がない前提で婿養子となるも、子供が出来て長女の衝撃的な一言で、2009年に就農。これまで両親が行ってきた東京うどや30種程度の野菜栽培に加え、イチゴやトマトの高設栽培を初める。今回は、地域通貨での飲食店の人々との出会いをきっかけに、地場野菜を市内の飲食店に提供する「こくベジ」事業への取り組み、更には東京農業の発信の場として20186月に東京・赤坂見附で開業した「東京農村」設立に至る経緯や想いについてお話させて頂きます。


フェイスブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/376732983045462/

チラシ
20190907 第4回東京セミナー.pdf
 

第80回 梅田定期セミナー

2019年度大阪市NPO・市民活動助成事業

第80回農楽マッチ勉強会

9/15(日)13:30~16:30

【会場】

大阪市総合生涯学習センター 第2研修室

大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル6

 

【参加費】助成価格 500円


□■□■□■□■ タイムテーブル ■□■□■□■□

1.特別講演(60分)竹田氏

2.休憩(10分)

3.特別講演(60分)湯ノ口氏

4.参加者交流 ~フリータイム・名刺交換など(50分)

※終了後、講師を囲んで懇親会がございます。

実費割り勘(3500円程度)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ 
第80回講師紹介竹田知裕さん
農事組合法人グリーンティ土山 工場長。滋賀県青年農業者クラブ連絡協議会顧問。
非農家出身ながら、農業大学校でお茶を学び、研修先に入社し、製造、販売、管理、若手の育成に当たるなどお茶づくりのリーダーとして活躍中です。グリーンティ土山は滋賀県のお茶の1/10を生産する大規模農業法人で、県内で初めて碾茶(てんちゃ)工場を新設しています。碾茶とは抹茶になる原料で、濃茶・薄茶・加工用抹茶としてチョコレートやお菓子などにも使用されます。お茶に対する環境は昔と比べ、大きく変わっています。そんな状況や、お茶にたいする想いをお話し頂きます。

湯ノ口絢也(ゆのくちじゅんや)さん
グリーンファーム湯ノ口。琵琶湖のほとり滋賀県東近江市で多種類のお米・野菜・大豆・水稲苗を、安心・安全にこだわり家族と従業員で大規模に農業経営。息子の絢也氏は、ジュニア野菜ソムリエの資格を取得し、販売だけでなく野菜の食べ方・作り方・魅力・感動も同時に伝えています。また、元滋賀県4Hクラブ(若手農業者の集まり)の代表でもあり、若手農業者間の交流や外部との連携等、活発に活動しておられます。その取り組みと、農業に対する思いを語って頂きます。

フェイスブックイベントページ
https://www.facebook.com/events/3087467377959876/

チラシ
第80回チラシ.doc


seminar_201909.docx


 

第81回 梅田定期セミナー

2019年度大阪市NPO・市民活動助成事業

第81回農楽マッチ勉強会
10/20(日)13:30~16:30

1.開催あいさつ 

2.30分)

3.60分) 

4.休憩 (10分)

5.60分)

6.フリータイム・名刺交換など(20分)

※終了後 近くの居酒屋で交流会(参加自由)実費割り勘 3000円位


【会場】大阪市総合生涯学習センター 第2研修室大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル6階【参加費】一般 500円 助成価格 


フェイスブッイベントページ

チラシ




 

東京セミナー

第4回東京農楽マッチ勉強会
9/7(土)13:30~16:30 マイナビセミナールーム(人形町)
持田宏平氏、中村克之氏
 

大阪定期セミナー

第79回 梅田

8/18(日)13:30~16:30
新免将氏、上水広志氏
※FB農業者倶楽部オフ会同時開催

第80回 梅田
9/15(日)13:30~16:30
竹田知裕氏、湯ノ口絢也氏

詳細は、トップページの真ん中にあります。スクロールしてご覧ください。


 

番外編イベント

ぱくべジマルシェ
次回は秋に開催予定です
手ぶらBBQとマルシェが一緒になったイベントです。

過去のイベントや会の様子は「番外編イベント」ページに画像があります。
 

行っている支援事業

援農隊マッチング支援事業

受け入れ農家さん、援農して頂ける方を募集します。

農商工連携促進事業
農業者と商工業者が連携して行う事業計画を支援します。
http://noshokorenkei.jp/


小規模事業者持続化補助金取得支援
農家でも取得できる経済産業省の補助金です。
2/3補助 50万円