ログイン 
閉じる
NPO法人農楽(のら)マッチ勉強会
 
農楽マッチ勉強会は農業や食に関心の高い方向けに各種セミナーやイベントを開催しております。どなた様でも、お気軽ご参加下さい。
 

ログイン

カウンタ

COUNTER471198

グループスペース(正会員限定)

ログインIDとパスワードを入力すると会員限定のメニューが表示されます。
 

オンライン状況

オンラインユーザー20人
ログインユーザー0人

農商工連携

平成29年度農商工連携促進事業 近畿広域実施機関に採択されました

公式ページ
http://www.noshokorenkei.jp/

中小企業庁から委託された(株)ジェイアール東日本企画が、全国29事業者を(内訳:広域6.地域23)採択しました。

農楽マッチ勉強会は近畿地域の広域実施機関として、商工業者のニーズと農業者のシーズをマッチングする為、活動していきます。

農商工連携へ取り組みたい、詳しく知りたい方は、ご連絡下さい。
農商工連携の概要(J-NET21)
http://j-net21.smrj.go.jp/expand/noshoko/

事務局
山本文則 090-3443-9588
yamamoto.huminori@gmail.com
 

援農隊員募集案件

援農募集案件

   ①岬町で畑作業を手伝って頂ける方を募集!
耕作放棄地を開墾し、米・野菜・ゴマを栽培します。
平日お手伝い頂ける方を随時募集しています。
日にち、時間はお任せします。
事前に連絡頂ければ、駅からの送迎あります。
【場所】大阪府泉南郡岬町の畑
【駅】みさき公園駅(南海電鉄)
【時間】10:00~16:00(自由に設定下さい)
【作業】圃場整備(草刈り・畝たて等)
【報酬】ボランティア(昼飯は用意します)
【連絡先】吉本 090-5463-5525
     メール hirotravel2010@gmail.com


②耕作放棄地のぶどう畑開墾作業
   大阪府羽曳野市駒ヶ谷
将来ワイナリーを開く夢を持ち、若い男性が耕作放棄地のぶどう畑を開墾しています。一緒に作業してくれるボランティアを募集しています。 
日曜日 9~15時



【他エリア情報】
http://www.pasona-nouentai.co.jp/ennoutai/

 

援農隊マッチング支援事業とは?

「援農隊マッチング支援事業って?」

当事業は、農繁期などに合わせた労働力の安定確保を図る、都道府県・協議会・NPO等が実施主体となり、農業未経験者を含む人材を「援農隊」として育成・組織化して、農家・農業生産法人をサポートする事業です。

農家さんへ、、手伝いを希望する農作業内容を教えて下さい。それにマッチする人材を紹介いたします。

援農希望者へ、、農作業体験や講習を受けた後、農作業のお手伝いをして頂きます。
 

募集

【プロジェクトメンバー】募集
事業の推進を協議しながら行う主力メンバー。月1回の打ち合わせ、農家さんへのヒアリングや援農隊員の募集、研修・イベントの手伝い等を行って頂きます。
*打ち合わせは、平日夜・農楽マッチ勉強会の開催前などで梅田・羽曳野等で開催します。欠席者には議事録をメールで送ります。
*農家さんへのヒアリングや研修には謝金をお支払いします。
*交通費は実費支給いたします。
交通費実費支給(旅費規程参照)
旅費規程(援農隊).pdf
職位別謝金あり(謝金規定参照)
謝金規定(援農隊).pdf

【アルバイト】募集
イベント・講演・研修等で随時アルバイトを募集します。時給単価等は都度定めます。

【援農隊員】募集
農作業を手伝って頂ける方を募集します。募集内容(日時・場所・農作業内容・時給単価)は登録された方へ都度案内させて頂きます。当面は羽曳野市周辺のぶどう農家・イチジク農家への派遣になります。

米 謝金及び賃金には、10.21%の源泉徴収をさせて頂きます

各募集の申し込みは、理事長の山本まで連絡ください。yamamoto.huminori@gmail.com
090-3443-9588

プレスリリース
プレスリリース.docx
 

援農隊マッチング支援事業

【概要
国の補助事業。全国13事業者が各地区で活動。1事業者が全国推進の取り纏めをする。(平成26年度現在)

援農隊マッチング支援事業は、都道府県、協議会、民間団体が実施主体となって行う労働力が不足する地域で援農者を育成・組織化する取組を支援し、農繁期等に合わせた労働力の安定確保を図る事業です。

農林水産省HP 援農隊


農楽マッチ勉強会【事業の実施方針
1.大阪府の羽曳野市はぶどうやイチジク等果物の産地であるが、生産農家の高齢化により農家数が減少している状況である。また、大阪府民へ産地としての認知度も低い。
2.残された農家を支援する為にも、援農希望者を集め、農業技術を学ばせる。また、交流イベントを行い、産地活性化にもつなげる。
3.さらに、この取り組みを各地域に広めて援農者クラブを作り、データベース化することで、農家の要望に合った人材を派遣できる仕組みをつくる。
4.この取り組みにより、援農者の農業技術を高め農業に参入しやすくする。また、農家とのネットワークや人脈をつくり、農地確保の問題を解消する。
 
事業概要 .ppt
 

フォトアルバム

新規フォトアルバム3
12

2015.12.17 ぶどう研修を開きます。
6枚
2015.12.17 ぶどう研修

登録者:WEB管理者 | 2015/12/23(0票)
2015.11.30 みかん収穫援農を開きます。
6枚
2015.11.30 みかん収穫援農

登録者:WEB管理者 | 2015/12/23(0票)
2015.3.28 いちじく畑研修を開きます。
11枚
2015.3.28 いちじく畑研修

登録者:WEB管理者 | 2015/03/28(0票)
2014.12.6 ぶどう畑研修を開きます。
7枚
2014.12.6 ぶどう畑研修

登録者:WEB管理者 | 2014/12/13(0票)
2014.11.26 ぶどう畑研修を開きます。
14枚
2014.11.26 ぶどう畑研修

登録者:WEB管理者 | 2014/12/05(0票)
12

定期セミナー

第66回
7/15(日)13:30~16:30 大阪市立総合生涯学習センター 第5研修室
大阪駅前第2ビル5階
~大規模な無農薬水稲栽培と6次産業化の取り組み~
講師 衣笠愛之氏

第67回
8/19(日)13:30~16:30 大阪市立総合生涯学習センター 第2研修室
大阪駅前第二ビル6階
劣悪土壌の改良から見る日本農業の目指すべき道 
~「緑の革命」の功罪について~ 
冨田健太郎氏

第68回
9/16(日)13:30~16:30 大阪駅前第一生命ビル19階 10BOX
水耕栽培と地域商社の成功事例紹介

中島光博氏・松本譲氏


詳細は、トップページの真ん中にあります。スクロールしてご覧ください。
   
 

行っている支援事業

援農隊マッチング支援事業

受け入れ農家さん、援農して頂ける方を募集します。

農商工連携促進事業
農業者と商工業者が連携して行う事業計画を支援します。
http://noshokorenkei.jp/

2018.11.25に近畿地区フォーラムを開催しました。
 

イベントカレンダー

 
 

番外編イベント

第33回おいしい会
【日時】 6月23日(土) 18:30~21:00 
【場所】サンテカフェ
    大阪市中央区西心斎橋1-10-17 心斎橋ポポロビル2階
【ゲスト農家】丸山友規氏
河南町でトマト(主要作物)・ズッキーニ、パプリカ、アスパラガス等を栽培。
詳細は、新着情報で。

過去の料理や会の様子は「番外編イベント」ページに画像があります。