ログイン 
閉じる
NPO法人農楽(のら)マッチ勉強会
 
農楽マッチ勉強会は農業や食に関心の高い方向けに各種セミナーやイベントを開催しております。どなた様でも、お気軽ご参加下さい。
 

ログイン

カウンタ

COUNTER557510

グループスペース(正会員限定)

ログインIDとパスワードを入力すると会員限定のメニューが表示されます。
 

オンライン状況

オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人

お知らせ


2017/10/15

11/25 6次産業化・農商工連携フォーラム 入場無料

Tweet ThisSend to Facebook | by:WEB管理者
平成29年度 6次産業化・農商工連携フォーラム
近畿ブロック

【日程】 20171125日(土) 参加費無料

     14001630150分)フォーラム
16
30173060分)個別相談会

【会場】 大阪第一生命ビル19BOX 【定員】130

     大阪市北区梅田一丁目817号 大阪第一生命ビル19
【式次第】フォーラム

1.主催者挨拶 5

2.講演① 農商工連携の可能性 45

(稲美町商工会 係長 俊成宏一氏)

3.講演② 6次産業化の事例 45

()香寺ハーブガーデン 代表取締役社長 福岡譲一氏)

4.休憩 5

5.施策紹介 10分(各5分)

 ①農商工等連携関連施策紹介(近畿経済産業局)

 ②6次産業化関連施策紹介(近畿農政局)

6.地域実施機関発表 30分(各10分)

(株)地域計画建築研究所大阪事務所・(株)総合計画機構・NPOツーリズム研究機構

7.広域(近畿)実施機関発表及び閉会挨拶 10

 NPO法人農楽マッチ勉強会
*フォーラム終了後、個別相談会を行います。

6次産業化・農商工連携に興味がある又は制度を知りたい方、ニーズやシーズをお持ちでマッチング相手を探している方のご相談をお待ちしています。

 

講演①「商工会と農商工連携の可能性」~兵庫県稲美町トマト祭りの事例から~ 

異業種交流会活性化事業をきっかけにして、商工会・稲美町・農業改良普及センターの各若手職員が発案した、地元農産物を利用した地域起こしを「トマト祭り」として昨年初めて開催した。2年目の今年は県外からも多数の参加者があり、今後が注目されるイベントになっている。地方において、比較的取組み易いイベントの事例として今回発案者の一人である若手職員に経緯から今後の目標までお話し頂きます。

 

講演②「6次産業化の事例」~世界基準で生産したハーブと化粧品で世界へ羽ばたこう!~

兵庫県姫路市で農薬や除草剤を使用しないハーブを植物園内で育て、独自の抽出・発酵技術を使いお茶や石鹸、シャンプー、精油などを製造。地域住民とハーブ生産の協議会を立ち上げ、原料確保とともに地域活性化にも貢献しながら、厳しいヨーロッパ基準のコミッションE(ドイツ)の取得を目指し、輸出にも積極的に取り組んでいる。商品開発の秘話から、各種施策の利用などを、お話し頂きます。

参加頂ける方は、氏名・所属・連絡先を明記の上、下記へ申し込んでください。

NPO法人農楽マッチ勉強会 理事長 山本文則

TEL:090-3443-9588 FAX072-921-4737 
Email:yamamoto.huminori@gmail.com




10:12 | 投票する | 投票数(1)

東京セミナー

第2回東京農楽マッチ勉強会
(土)13:30~16:30
東京都大田区新蒲田1-17-25
 

大阪定期セミナー

第70回

11/18(日)13:30~16:30 大阪市生涯総合学習センター 際2研修室
森山裕氏、藤田純也氏(野菜・食育活動)
第71回
12/16(日)13:30~16:30 大阪市生涯総合学習センター 際2研修室
奥野茂樹氏(ぶどう)、巽直弥氏(お茶)  
第72回(日本都市農村交流Nとの共催シンポジウム)
1/27(日)
安本洋一氏、小林加奈子氏、村田正巳氏、野村加奈子氏

詳細は、トップページの真ん中にあります。スクロールしてご覧ください。


 

番外編イベント

第35回おいしい会 
開催予定はここにアップします。

過去の料理や会の様子は「番外編イベント」ページに画像があります。
 

行っている支援事業

援農隊マッチング支援事業

受け入れ農家さん、援農して頂ける方を募集します。

農商工連携促進事業
農業者と商工業者が連携して行う事業計画を支援します。
http://noshokorenkei.jp/

2018.11.25に近畿地区フォーラムを開催しました。